TOP >> 弥生美術館 >> 過去の展覧会 >> 過去の展覧会詳細

 

過去の展覧会

村岡花子と『赤毛のアン』の世界展 ~本を道しるべに、少女たちのために~:7月4日~9月28日

img1

『赤毛のアン』の翻訳者として広く知られる村岡花子(1893-1968)。花子をモデルとしたNHK連続テレビ小説『花子とアン』放送により、その波乱万丈の生涯に注目が集まっています。
村岡花子はミッション系の女学校で学び、そこで得た知識と経験-特に読書体験-を自分自身の礎としました。そして自分の後に続く少女たちにも、よき少女時代を過ごして欲しいと願いました。読書によって教養を高め、広い世界を知って欲しい。そのためには日本にも少女向けの佳作がもっとあって欲しい・・・。その思いが花子を翻訳の仕事に向かわせ、やがてロングセラー『赤毛のアン』へと結晶したのです。

本展覧会では、本を通じて世の中を明るく照らそうと尽した村岡花子の仕事を、「赤毛のアン記念館・村岡花子文庫」所蔵の史料よりご覧いただきます。また、松浦英亜樹による『赤毛のアンの手作り絵本』原画、写真家吉村和敏によるプリンス・エドワード島の写真等も展示し、『赤毛のアン』の世界を存分に堪能していただきます。

 

特別協力:「赤毛のアン記念館・村岡花子文庫」


会   期 2014年7月4日(金)~9月28日(日)
開館時間 午前10時~午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)
休 館 日 月曜日
ただし、7月21日(月・祝)開館、翌22日(火)休館
8月11日(月)臨時開館
9月15日(月・祝)開館、翌16日休館
料   金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
(竹久夢二美術館もご覧いただけます)

 


お知らせ:

学芸員によるギャラリー・トーク

8月10日(日)午後2時より約1時間
                      ① 午後2時~ ②午後2時半~ の二回に分けて開催させていただきます。
 ※所要時間はどちらの回も25分で、同じ内容になります。
 ※予約不要・要入館料)

 

ギャラリー・トーク

「奥田実紀が語る『赤毛のアン』の世界
奥田実紀(赤毛のアン研究家・編集者)
8月22日(金) 午後5時~ 約40分間
事前申し込み:不要 参加費:無料(要入館料)
→詳細は「イベント他 ご案内

 

講演会 「祖母、村岡花子を語る」

村岡美枝(翻訳家)・村岡恵理(作家)
9月6日(土) 午後6時より約1時間 
→詳細は「イベント他 ご案内

 

蓄音器で聴く村岡花子の朗読

保利透(戦前レコード文化研究家)
8月30日(土) 午後5時20分~ 約1時間 
※展示の観覧は5時までにお済ませください。
参加費 1000円(入館料含む) 
定員 80名

→詳細は「イベント他 ご案内

 

now1 now2
大正9年1月、26歳の村岡花子
写真提供:赤毛のアン記念館・村岡花子文庫
松浦英亜樹/画『赤毛のアンの手作り絵本』原画
『ジュニアそれいゆ』№24 昭和33年11月5日

 

now3 now4
加藤美紀/画「柳原燁子と村岡花子」 吉村和敏/撮影「グリーン・ゲイブルズ・ハウス」

 

 

 

 

 

弥生美術館
 〒113-0032
 東京都文京区弥生2-4-3
 Tel 03(3812)0012
Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.