TOP >> 竹久夢二美術館 >> 次回の展覧会

 

次回の展覧会

竹久夢二 本からはじまるメッセージ展 ~ブックデザイナー&詩人の顔に迫る~

 竹久夢二(1884‐1934)は、大正~昭和初期に活躍した作家の書籍を数多く装幀するのと同時に、自身も著書を出版して個性溢れる意匠で本を彩り、ブックデザイナーとして才能を発揮しました。
 また若き日に詩人を志していた夢二は、生涯を通じて様々な場面で詩を詠みました。絵画作品と同様にロマンチックな情趣に満ちた夢二の詩歌は、著書で編んだ詩集や少女向けの雑誌等で親しまれました。時を越えて、現代においても読み継ぎたい夢二の詩は数多く、詩人としても魅力溢れる存在です。
 本展ではブックデザイナー、そして詩人としての夢二に注目し、本を通じて夢二が表現した美の世界とメッセージに迫ります。


会   期 2016年9月30日(金)~12月25日(日)
開館時間 午前10時~午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)
休 館 日 月曜日 ※ただし10月10日(祝・月)開館、翌10月11日(火)休館
料   金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
 (弥生美術館もご覧いただけます)

 


お知らせ:

ギャラr-トーク

企画展担当学芸員が展示を解説いたします。
  10/8(土)・11/13(日)・12/10(日) いずれも午後3時~

 

ひと夜の情 夜の露台
竹久夢二・装幀 『ひと夜の情け』 (黒岩涙香・著 1915年) 竹久夢二著・装幀 『夜の露台』 (1916年)

 

地獄 手紙
竹久夢二・装幀 『地獄』 (長田幹雄・著 1924年) 竹久夢二 詩・挿絵 「手紙」 (1926年)

 

 

 

弥生美術館
 〒113-0032
 東京都文京区弥生2-4-3
 Tel 03(3812)0012
Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.