TOP >> 竹久夢二美術館 >> 次回の展覧会

 

次回の展覧会

竹久夢二 暮らしを彩る小さな美 ―大正ロマンのかわいいデザイン― 

暮らし _チラシ

大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二(1884―1934)は、日常生活を趣味良く彩るためのデザインも手掛け、日本のファンシーショップの先駆けともいえる「港屋絵草紙店(みなとやえぞうしてん)」を開店し、“かわいい”をコンセプトにした商品づくりに心を傾けました。

本展では港屋絵草紙店で人気を誇った千代紙をはじめ、着物小物、絵葉書、装幀本など暮らしの中で花開いた、小さくてかわいい夢二図案&装飾の数々を紹介します。


会   期 3月29日(木)~6月24日(日)
開館時間 午前10時~午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)
休 館 日 月曜日
 ※ただしGW期間を含む4/24(火)~5/6(日)は無休で開館
料   金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
(弥生美術館もご覧いただけます)

 


お知らせ:

【同時開催】竹久夢二美術館セレクション展

美人画を中心に当館の代表作品を展示します。

 

ギャラリートーク

企画展担当学芸員が展示を解説いたします。
 4/14(土)・5/13(日)・6/9(土) 午後3時~

 

手製半襟の図案 1915年 童謡小曲 第十五集 1930年
手製半襟の図案 1915年 童謡小曲 第十五集 1930年

 

新千代紙 1926年 絵葉書「日本の浅春」1929年 
新千代紙 1926年 絵葉書「日本の浅春」1929年 

 

 

 

弥生美術館
 〒113-0032
 東京都文京区弥生2-4-3
 Tel 03(3812)0012
Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.